メンバー

川本思心(准教授)

自己紹介

kawamoto専門は科学技術コミュニケーション、科学技術社会論。基礎研究と社会の関係や、専門家の役割、科学技術への「イメージ」への関心もち、科学技術リテラシー、トキ放鳥や住宅用太陽光発電の導入、高齢者向け移動体をテーマに研究を行ってきました。また、地域と大学を繋げる科学コミュニケーション教育にも取り組んできました。マクロな視点での量的分析だけではなく、個別の文脈が見えてくるフィールドでの実践も重視しています。趣味はカヌー、ソ連・ロシアウォッチング、ミミズのふんさがし他。  

 

プロフィール

川本 思心 KAWAMOTO Shishin 博士(理学)
北海道大学 大学院理学研究院 物理学部門 科学史・科学基礎論分野 准教授
(理学院 自然史科学専攻 科学コミュニケーション講座 科学技術コミュニケーション研究室)
兼任:CoSTEP“コーステップ”(高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門)

researchmap: http://researchmap.jp/ssn
科研費データベース: https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?qm=90593046

経歴:
1976.1 北海道生まれ(苫小牧→札幌→旭川→札幌→東京→札幌→東京→札幌イマココ)
1999.3 北海道大学 理学部 生物科学科 卒業
2001.3 北海道大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 修士課程修了
2006.3 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)修了(選科1期)
2007.3 北海道大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 博士課程修了。博士(理学)

2000.4-2007.3 酪農学園大学 非常勤講師(「生物学実験」担当)
2007.4-2008.10 東京工業大学 統合研究院 研究員(科学技術振興機構 社会技術研究開発センター受託研究)
2008.11-2012.9 東京工業大学 大学院理工学研究科 機械制御システム専攻 特任助教
2011.4-2012.9 青山学院大学 社会情報学部 非常勤講師(「科学技術と社会」担当)
2012.10-2013.3 東京工業大学 環境エネルギー協創教育院 特任助教
2013.4-2014.3 北海道大学 高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門 特任講師
2014.4より現職

所属学会:
日本動物学会(1999-)
日本発生生物学会(2000-)
科学技術社会論学会(2008-)
日本心理学会(2008-)
日本工学教育協会(2008-)
社会言語科学会(2009-)
日本サイエンスコミュニケーション協会(2012-)
日本都市計画学会(2013-)

 

博士課程

武田増満(博士3年)

研究テーマ

映像を用いた科学史研究の検討

自己紹介

20140326153339 修士課程から博士課程にかけては、明治から昭和にかけて化学反応論の理論研究において、国内外で活躍した堀内寿郎に関する研究をしてきました。 堀内直筆の手稿類を元に、彼のなした研究の特色と理論形成のプロセスを明らかにしようとしてきました。現在は、映像記録を用いた科学史研究の手法について検討しています

修士課程

小坂有史(修士1年)

研究テーマ

サイエンスカフェ活動を行う上での主催者組織内におけるコミュニケーションのあり方~札幌と広島の事例調査から〜

自己紹介

m-001これまで、広島県の大学で有機合成や、水中でのブドウ糖分子の形の変化などを研究していました。数年前から大学が主催するサイエンスカフェに学生スタッフとして携わったことがきっかけで、科学技術コミュニケーションに興味を持ち、第11期CoSTEP選科Aを受講、さらに深く考えてみたいと思い、科学コミュニケーション講座に進学しました。今行われている科学技術コミュニケーション活動に、もっといろんな可能性があるのではないか?また、活動を行っていく上で必要なコミュニケーションとは何なのかについて研究していければと思います。

CoSTEP研修科

岡崎朱実(4年目)

研究テーマ

環境面での普及啓発事業の評価手法の構築 所属する複数の団体で、環境面での行動変容(例:省エネの実践など)につながる普及啓発事業を行っています。事業では、ハウツーではなく、基礎的な知識や仕組みを理解する(=科学リテラシーを身につける)ことと、丁寧なコミュニケーションが、行動変容を促進するとの考えから、活動を進めていますが、その成果の測り方・示し方が、課題となっています。そこで、今年度は、開催する複数のイベントを通して、成果の測り方・示し方を検討・考察し、評価手法の構築に結びつけたいと思います。

自己紹介

m-0021978年広島大学文学部卒業。その後、高等学校・中学校の国語科教員を経て、1986年から専業主婦に。同年に起きたチェルノブイリ原子力発電所の事故 をきっかけに、環境問題に関心を持ち、以来、ごみ問題や省エネルギー、環境団体のネットワーク形成、行政との協働などの分野で一喜一憂しながら活動中。 2010年、CoSTEP選科受講。2011年以降CoSTEP研修科継続受講中(2016.05)  

杉田恵子(2年目)

研究テーマ

医療分野におけるコミュニケーターの役割とは

自己紹介

m-003理学療法士として、地域コミュニティの形成や促進、課題解決を目的とした対話の場の創出や人材育成の仕事をしています。医商連携や医療×防災など、まちづくりの視点から医療と他分野をつなげています。医療分野のみならず、様々な分野でのコミュニケーターが担う役割と、そこに必要なスキルについて探究していきたいと思っています。  

中村佳代(2年目)

研究テーマ

地球の気候システムを題材とした科学技術コミュニケーション活動

自己紹介

m-004同志社大学工学部卒業後、製薬会社勤務を経て化学会社で環境分析に携わった後、北海道に移住。北海道大学で技術支援をしてきました。分析を通して分野を見ることが多い ので、どの分野でも仕事になればその分野の勉強をするスタイル。低温科学研究所での勤務が長く南極・北極は、こよなく好きです。科学技術コミュニケーションは、考えれば考えるほど奥が深いですが、文理融合大賛成!技術だけではない実務ももっと勉強していきたいです。よろしくお願いいたします。

天野麻穂(1年目)

研究テーマ

文理融合の障壁となる諸要因の探索

自己紹介

080328_1701 2015年度にCoSTEPを受講。もともとのバックグラウンドは、化学(生化学、糖鎖科学)ですが、研究者・教員時代は、いろいろな国籍の学生さんたちと一緒に、昆虫や鳥類の分子進化の解明から、血液1滴でがんを見つける診断装置の開発まで、いろいろな研究テーマに取り組みました。2年前から、北大でURA(リサーチ・アドミニストレーター)をしています。研修科では、異文化・異分野の研究者間のコミュニケーションについて掘り下げて、理論と実践で学びを深めてゆけたらと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

鈴木克治(1年目)

研究テーマ

中学校の理科教育におけるトランスサイエンス導入の方法と基準づくり

自己紹介

m-006公立中学校で理科を教えています。私は、研修科で義務教育におけるトランスサイエンスの扱い方について考えてみたいと思っています。現在、科学技術は飛躍的に発展しています。しかし、技術の急速な変化に教育分野は対応できていません。生徒が実際に関わる可能性の高い生殖医療やエネルギー問題などは、教科書のコラム程度でしか扱われていないのが現状です。そこで、中学校理科の授業で、トランスサイエンスの問題をどのような内容・方法・基準で教えることができるかを調べ、生徒が実際に科学技術問題に直面した場合に自ら適切な行動がとれるような力を身につける理科教育を構築したいと考えています。

村山一将(1年目)

研究テーマ

高校における科学技術コミュニケーション教育プログラムの開発

自己紹介

m-007CoSTEP11期(ライティング・編集実習)修了の村山一将(ひでのぶ)です。札幌創成高校で理科教員をしています。当校は,育成すべき人物像として「社会を担うサーバントリーダー」を掲げており,そのような人物を育てるための多様な活動の一つとして科学技術コミュニケーションを取り入れるべく検討しているところです 。今年は,高校生が主体となって科学イベント(小中学生向けの理科授業,高校生向けのサイエンスカフェなど)を企画・運営する取り組みを,事例研究として形にしたいと考えています。