メンバー

川本思心(准教授)

自己紹介

kawamoto専門は科学技術コミュニケーション、科学技術社会論。博士課程まではミミズの再生研究をしていましたが、基礎研究と社会の関係や、専門家の役割、科学技術への「イメージ」への関心もち、現在の分野に転身。科学技術リテラシー、トキ放鳥や住宅用太陽光発電の導入、高齢者向け移動体をテーマに研究を行ってきました。また、地域と大学を繋げる科学コミュニケーション教育にも取り組んできました。

現在は、特に専門家間のコミュニケーションやデュアルユース問題に関心をもち、マクロな視点での量的分析だけではなく、個別の文脈が見えてくるフィールドでの実践も重視しています。

趣味はカヌー、ソ連・ロシアウォッチング、ミミズのふんさがし、最近レゴ。  

 

プロフィール

川本 思心 KAWAMOTO Shishin 博士(理学)
北海道大学 大学院理学研究院 物理学部門 科学史・科学基礎論分野 准教授
(理学院 自然史科学専攻 科学コミュニケーション講座 科学技術コミュニケーション研究室)
兼任:CoSTEP“コーステップ”(高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門)

researchmap: http://researchmap.jp/ssn
科研費データベース: https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?qm=90593046

経歴:
1976.1 北海道生まれ(苫小牧→札幌→旭川→札幌→東京→札幌→東京→札幌イマココ)
1999.3 北海道大学 理学部 生物科学科 卒業
2001.3 北海道大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 修士課程修了
2006.3 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)修了(選科1期)
2007.3 北海道大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 博士課程修了。博士(理学)

2000.4-2007.3 酪農学園大学 非常勤講師(「生物学実験」担当)
2007.4-2008.10 東京工業大学 統合研究院 研究員(科学技術振興機構 社会技術研究開発センター受託研究)
2008.11-2012.9 東京工業大学 大学院理工学研究科 機械制御システム専攻 特任助教
2011.4-2012.9 青山学院大学 社会情報学部 非常勤講師(「科学技術と社会」担当)
2012.10-2013.3 東京工業大学 環境エネルギー協創教育院 特任助教
2013.4-2014.3 北海道大学 高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門 特任講師
2014.4より現職

所属学会:
日本動物学会(1999-)
日本発生生物学会(2000-)
科学技術社会論学会(2008-)
日本心理学会(2008-)
日本工学教育協会(2008-)
社会言語科学会(2009-)
日本サイエンスコミュニケーション協会(2012-)
日本都市計画学会(2013-)

 

 

修士課程

片岡良美(M2+)

研究テーマ

学際研究における図像の作成から明らかにする異分野コミュニケーション

世界が抱える複雑化した課題の解決のため、異なる学問(専門)領域に属する研究者が互いに垣根を越え、共同で取り組む、学際研究が注目されています。学際研究において、どのように学術知が生産されていくのかを明らかにするために、学際研究プロジェクトのラボラトリースタディーズ(研究者集団・研究室の活動に関する調査研究)を行っています。図像は科学における視覚表象の実践として、科学史や科学哲学の分野でも研究されてきました。とくに学際研究における図像の役割に着目して、異分野研究者間のコミュニケーションについて研究していこうと考えています。

自己紹介

大学で研究の可視化やICTを活用した教育の実務を行っている社会人学生です。北大と総合地球環境学研究所の機関連携研究プロジェクトである「サニテーション価値連鎖の提案―地域のヒトによりそうサニテーションのデザイン」では、Visualizationチームリーダーとして、可視化を通じたサイエンスコミュニケーションの実践を行っています。学部の専門は情報科学で、理系出身者のエスノグラフィーをアピールポイントにするべく奮闘中。

research map: 片岡 良美

石澤瑞季(M2)

研究テーマ

科学を通して醸成された「食の健康思想」と社会構造の分析

食を通して「健康になりたい」と考えている人は多いと思います。しかし、そもそも「食を通して健康になる」とはどういうことでしょうか。私たちはなぜ食を通して「健康になりたい」と思うのでしょうか。栄養学・食品科学を学んできた者として、科学的な根拠があって「『健康的な食事』を通して健康になる」ということよりも、その科学的根拠や状況の不確実性ゆえに「『健康的な食事』を通して健康になることが大切だ」という思想や規範意識の方が先行してしまっているのではないか、という問いがあります。私たちは「科学的に健康な食品」を食べて健康になれるのでしょうか。「健康的に食べること」は必要なのでしょうか。人々が健康になるために、私たちは食品の栄養情報とどのように向き合い、付き合っていくべきなのでしょうか。これらの課題について考えていきたいです。

自己紹介

食や健康に興味があり、学部では栄養学・食品科学を専攻しました。大学では、地域の子どもたち向けに、食について身近に知ってもらうためにサイエンスワークショップを開催していました。その縁でCoSTEP(2019年度選科B15期)を受講し、科学コミュニケーションの世界を知りました。栄養学や食品科学についての“違和感”や“もやもや”を、科学コミュニケーション的な観点から解決できるのではないかと考え、修士課程に入りました。

森沙耶(M2)

研究テーマ

科学館における来館者調査を通した展示評価の手法開発

科学館が博物館や美術館と大きく異なるところはほとんどの展示物に触れて体験することで学べるところです.このハンズ・オン展示と言われる手法は科学館を象徴する展示手法で,元々欧米の子ども向け施設であるチルドレンズミュージアムから始まったものですが,その展示効果から様々な展示施設においても取り入れられてきています.この研究では,ハンズ・オン展示がどのようにビジターに作用し展示効果が得られているのかを,ビジター同士(家族や友達など)のコミュニケーションという視点から探っていきます.

自己紹介

これまで科学館のスタッフとして科学教育に携わってきました.様々な展示に関わる中で,展示物とビジターとの関わり方について研究したいと思い,CoSTEPの研修科で2年間研究し,今年科学コミュニケーション講座に入りました.学部では理学部の地球化学研究室で火山ガス中の水素同位体比の測定法開発を行っていました.科学館では子ども向けの科学教室や,地球科学に関する展示・特別展などを行っていたので,地球の不思議や面白さを伝える活動もライフワークとして続けていきたいと思っています.

坂本舞衣(M1)

研究テーマ

アートとサイエンスの境界領域

自然科学の美しさや科学技術の進歩、不確実性、科学と社会の関係性などを表現したアート・展覧会があります。それらを創り出す人々は、最新の科学技術を用いるアーティスト、科学技術と社会の関係性・問題を扱うアーティスト、自身の研究をアートして表現するサイエンティスト、あるいはサイエンティスト兼アーティスト等様々ですが、アートとサイエンスの境界領域で活動していると言えます。一見全く異なる分野のアートとサイエンスの共通性とは何なのか。アートとサイエンスの境界領域では、アーティストと科学者の間にどのような協働や創造、障壁があるのか。サイエンスがアートの文脈でどのように扱われてきたのか・いるのか。など、アートとサイエンスの境界領域で行われていることについて考えていきます。

自己紹介

学部4年間では、医療やアート、物理、社会学など文理問わず様々な学問に触れ、社会問題・課題をベースに学際的なアプローチについて学びました。その中で、”科学コミュニケーション”に興味を持ち、より深く学ぼうと科学コミュニケーション講座に入りました。科学技術をテーマとして扱う現代アートを鑑賞することが好きで、サイエンスとアートの境界領域やアートと科学コミュニケーションについて研究したいと思うようになりました。将来的に、立場や背景の異なる人々の間の橋渡し的な役割となれるように、より広い分野や様々な人々と関わっていきたいです。趣味はコアラをみることです。

 

CoSTEP研修科

成田真由美(3年目)

研究テーマ

アイヌ遺骨問題に関する関係者インタビュー

北海道大学には、優生学的な人類学研究のために発掘収集されたアイヌ民族の遺骨が保管されています。思うように供養することもかなわない先祖の遺骨に、当事者はどのような想いを抱えているのか?差別的な人種主義に基づいた研究が残した「負の遺産」に、研究者やその関係機関はどのように向き合っているのか。問題を俯瞰するために、複数名のステークホルダーにインタビューします。

成田真由美, 川本思心 2020:「アイヌ遺骨問題に関する関係者インタビュー」CoSTEP研修科年次報告書, 4(1), 1-11.

自己紹介

市民活動の世界で生きています。社会課題の解決には、科学技術への理解が必要とされる現実に直面してCoSTEP(2018年度本科ライティング・編集班)を受講。在野の科学技術コミュニケーターを目指して奮闘予定。

 

山内かな子(2年目)

研究テーマ

科学技術と社会の問題を考える授業計画

科学技術と社会が関わる問題は多くあります。自身が問題の当事者になることもあるでしょう。そのような社会で生きていくために、高校教育では何ができるでしょうか。本研究では、高校生が卒業後に、科学技術と社会の関わる問題解決に向け、自分自身で考え行動できるようになるために、どのような授業ができるかを考えていきます。そのために、高校の化学基礎・化学における授業の実践と指導計画の作成を行います。

山内かな子, 川本思心 2021:「科学技術と社会の問題を考える授業計画」CoSTEP研修科年次報告書, 5(1), 1-6.

自己紹介

中高一貫校で理科教員をしています。昨年度、選科Bを受講しました。CoSTEPの学びを通し、「理科教育の在り方」を考えるようになり、科学の楽しさだけでなく、科学の負の側面にも向き合うことが必要だと思うようになりました。自身の専門である化学の授業を通して、学校現場における科学技術コミュニケーションを実践します。

岩野知子(1年目)

研究テーマ

消費生活相談の現場における科学技術コミュニケーション

消費者トラブルには、その時々の社会と個人のあり様が鮮明に反映されます。新しい技術やシステムとのミスマッチ、まともな科学といわゆるニセ科学との境界線、あふれる情報…。今現在起きている消費者トラブルの事例から、消費者と科学技術、相談の現場と科学技術コミュニケーションについて考察していきます。

自己紹介

消費生活相談員として職務に当たる中で、時として思いがけず、サイエンスコミュニケーターの役割を担っているのだろうか、と感じることがあります。しかし、科学技術の専門家ではない相談員がどのようにふるまうべきかは悩ましい。その悩ましさを少しでも解消したいとテーマを設定しました。CoSTEP(2019年度本科ライティング・編集実習)受講。趣味は、美術館と温泉を巡ること、猫との昼寝。

成田吉希(1年目)

研究テーマ

ガダルカナル島における戦争遺産の現状

ガダルカナル島というと太平洋戦争でのターニングポイントとなった激戦地として有名であるが、現地では、戦いで使用された戦車・戦闘機や塹壕等が、過去の出来事を現在に伝える遺物や遺構として、今も各地に野晒しの状態で残されている。こうした戦争遺物や遺構の一部は観光資源となり、訪れる人々から得るいわば青空博物館の入館料は、現地住民にとって貴重な現金収入になっている。一方で、ソロモン政府として観光開発は、経済振興上の重要分野としているものの、国内の戦争遺物や遺構を全体的に把握し、どのように管理・活用するべきかを検討する動きはない。研究では、現地に散在する戦争遺物・遺構及び慰霊碑の戦史上の背景や現状を整理することで、そうした検討の一部を担えるような資料作りを目指したい。

自己紹介

太平洋の島嶼国中心に途上国支援に携わっています。昔読んだ東浩紀さんの「弱いつながり 検索ワードを探す旅」で、なんでもネットで調べることができる時代、違う環境に身を置いて偶然の出会いから“検索ワード“を得ることが大事といった趣旨の話に妙に腑に落ちた覚えがあります。一方で、面白い“検索ワード“を見つけることは得意なのですが、正しい情報に整えて適切に伝えることの難しさを感じており、CoSTEP研修科での科学技術コミュニケーションからの学びから、伝えることに関するコツや技術を得ることができればと考えています。

OB/OG

博士課程

武田増満(~2016)

映像を用いた科学史研究の検討 ※前任の杉山先生からの引継ぎ

修士課程

朴洙鎭(パク・スジン)(2020)

航空宇宙技術におけるメディア・コンテンツの科学技術コミュニケーション的分析

小坂有史(2016)

サイエンスカフェ活動を行う上での主催者組織内におけるコミュニケーションのあり方~札幌と広島の事例調査から〜

小坂有史, 川本思心 2017: 「サイエンスカフェを担う人々が目指す方向性は同じなのか? : 広島大学サイエンスカフェを対象としたインタビュー調査から」CoSTEP Report, 3, 1-41.

学士課程 (HUSTEP)

Pamela Renee C. Reyes(2018)

Political science communication in marine conservation: comparative study between Japan and Philippine

研修科

澤田莉紗(2020)

多様な科学技術コミュニケーションコミュニティの調査

天野彩(2018~2020)

「水素水」ブームはなぜ起きたのか、どう向き合うべきか

天野麻穂(2016~2018)

文理融合の障壁となる諸要因の探索-研究者の意識調査から―

天野麻穂, 川本思心 2018: 「文理融合の障壁となる諸要因の探索 : 研究者へのインタビュー調査とゲーム式調査法の開発」CoSTEP研修科年次報告書, 2(1), 1-5.

天野麻穂, 川本思心 2017:「文理融合の障壁となる諸要因の探索」CoSTEP研修科年次報告書, 1(1), 1-4.

千脇美香(2017~2018)

農業の現場におけるイノベーションの普及

千脇美香, 川本思心 2019: 「地域社会における研究シーズと地域ニーズのマッチングを可能にするためのコミュニケーション活動とは : 研究事例発表参加者・ワークショッププログラム受講生の観察」CoSTEP研修科年次報告書, 3(1), 1-8.

千脇美香, 川本思心 2018: 「農業の現場で新技術の導入を可能にするものとは一体何か : イノベーションの普及過程に起きるコミュニケーション活動の観察」CoSTEP研修科年次報告書, 2(2), 1-6.

澤田真由美(2017~2018)

公設試験研究機関における科学技術コミュニケーション

澤田真由美, 川本思心 2018: 「公設試験研究機関におけるSNSの活用事例 : 道総研食品加工研究センターにおけるFacebook導入事例」CoSTEP研修科年次報告書, 2(6), 1-9.

山崎幸男(2017)

テキストマイニングを通じた現代科学の諸相–“役に立つ”概念をめぐる若干の考察

鈴木克治(2016~2017)

中学校の理科教育におけるトランスサイエンス導入の方法と基準づくり

鈴木克治, 川本思心 2018: 「中学校の理科教育におけるトランスサイエンスを題材とした授業例の抽出」CoSTEP研修科年次報告書, 2(5), 1-4.

鈴木克治, 川本思心 2017: 「中学校の理科教育におけるトランスサイエンス導入の方法と基準づくり」CoSTEP研修科年次報告書, 1(2), 1-9.

岡崎朱美(2015~2017)

環境面での普及啓発事業の評価指標について

岡崎朱美, 川本思心 2017: 「環境配慮行動普及啓発事業の評価のありかたを考える : 自治体と NPO 等普及啓発実践者の研究交流集会を通して」CoSTEP研修科年次報告書, 2(4), 1-7.

岡崎朱美, 川本思心 2017: 「環境配慮行動を普及啓発する事業の評価手法構築に向けて」CoSTEP研修科年次報告書, 1(4), 1-8.

杉田恵子(2015~2016)

医療分野におけるコミュニケーターの役割とは

杉田恵子, 川本思心 2017: 「トランスサイエンス問題における科学技術コミュニケーターの役割 : 高レベル放射性廃棄物の処分地問題を題材に」CoSTEP研修科年次報告書, 1(5), 1-14

中村佳代(2015~2016)

地球の気候システムを題材とした科学技術コミュニケーション活動

中村佳代, 川本思心 2017: 「雪と水の循環をテーマにした科学技術演劇の実践」CoSTEP研修科年次報告書, 1(3), 1-3.

村山一将(2016)

高校における科学技術コミュニケーション教育プログラムの開発