メンバー

川本思心(准教授)

自己紹介

kawamoto専門は科学技術コミュニケーション、科学技術社会論。基礎研究と社会の関係や、専門家の役割、科学技術への「イメージ」への関心もち、科学技術リテラシー、トキ放鳥や住宅用太陽光発電の導入、高齢者向け移動体をテーマに研究を行ってきました。また、地域と大学を繋げる科学コミュニケーション教育にも取り組んできました。マクロな視点での量的分析だけではなく、個別の文脈が見えてくるフィールドでの実践も重視しています。趣味はカヌー、ソ連・ロシアウォッチング、ミミズのふんさがし他。  

 

プロフィール

川本 思心 KAWAMOTO Shishin 博士(理学)
北海道大学 大学院理学研究院 物理学部門 科学史・科学基礎論分野 准教授
(理学院 自然史科学専攻 科学コミュニケーション講座 科学技術コミュニケーション研究室)
兼任:CoSTEP“コーステップ”(高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門)

researchmap: http://researchmap.jp/ssn
科研費データベース: https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?qm=90593046

経歴:
1976.1 北海道生まれ(苫小牧→札幌→旭川→札幌→東京→札幌→東京→札幌イマココ)
1999.3 北海道大学 理学部 生物科学科 卒業
2001.3 北海道大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 修士課程修了
2006.3 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)修了(選科1期)
2007.3 北海道大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 博士課程修了。博士(理学)

2000.4-2007.3 酪農学園大学 非常勤講師(「生物学実験」担当)
2007.4-2008.10 東京工業大学 統合研究院 研究員(科学技術振興機構 社会技術研究開発センター受託研究)
2008.11-2012.9 東京工業大学 大学院理工学研究科 機械制御システム専攻 特任助教
2011.4-2012.9 青山学院大学 社会情報学部 非常勤講師(「科学技術と社会」担当)
2012.10-2013.3 東京工業大学 環境エネルギー協創教育院 特任助教
2013.4-2014.3 北海道大学 高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門 特任講師
2014.4より現職

所属学会:
日本動物学会(1999-)
日本発生生物学会(2000-)
科学技術社会論学会(2008-)
日本心理学会(2008-)
日本工学教育協会(2008-)
社会言語科学会(2009-)
日本サイエンスコミュニケーション協会(2012-)
日本都市計画学会(2013-)

 

 

学士課程

Pamela Renee C. Reyes  (HUSTEP)

研究テーマ

Key words: Communication research, science communication, political communication, marine environmental awareness and ocean conservation efforts, resource management and conservation, development communication, and traditional and digital media consumption.

Communicating our oceans, most especially its protection, is a challenge of communicating science.  For my year at Hokudai, I would like to study how Japan and the Philippines – as island nations heavily dependent on the sea and its bounty – compare and contrast when it comes to communicating to its peoples the economic, social, political, scientific, and cultural values of our oceans.

自己紹介

Pamela Renee C. Reyes is a young undergraduate student from the Philippines who is currently doing a year of exchange at Hokkaido University to take part in classroom sessions and conduct research that would allow her to learn more about science communication. She is originally from the University of the Philippines Diliman and majors in Communication Research, a research-heavy bachelor’s degree program that focuses on media and communication studies. Reyes is passionate about studying human connections and making more people understand what is not easily understood by most. She aspires to become a research professional flexible in working across various industries and academic fields, with special focus on science communication, political communication, and the intersections of each. Outside of school, she’d take any chance she’d get to go on an adventure in the great outdoors, most especially if it’s out at sea.

CoSTEP研修科

岡崎朱実(3年目)

研究テーマ

環境面での普及啓発事業の評価指標について

環境面での普及啓発事業の評価手法の構築 所属する複数の団体で、環境面での行動変容(例:省エネの実践など)につながる普及啓発事業を行っています。事業では、ハウツーではなく、基礎的な知識や仕組みを理解する(=科学リテラシーを身につける)ことと、丁寧なコミュニケーションが、行動変容を促進するとの考えから、活動を進めていますが、その成果の測り方・示し方が、課題となっています。そこで、研修科では、 環境面での行動変容(例:省エネの実践など)を目指して行う普及啓発事業における、参加人数以外での成果の測り方・示し方について、検討・考察したいと思います。

岡崎朱美, 川本思心 2017: 「環境配慮行動を普及啓発する事業の評価手法構築に向けて」CoSTEP研修科年次報告書, 1(4), 1-8.

自己紹介

m-0021978年広島大学文学部卒業。その後、高等学校・中学校の国語科教員を経て、1986年から専業主婦に。同年に起きたチェルノブイリ原子力発電所の事故 をきっかけに、環境問題に関心を持ち、以来、ごみ問題や省エネルギー、環境団体のネットワーク形成、行政との協働などの分野で一喜一憂しながら活動中。 2010年、CoSTEP選科受講。(2017年度)2011年以降CoSTEP研修科継続受講中(2017.06)  

天野麻穂(2年目)

研究テーマ

文理融合の障壁となる諸要因の探索-研究者の意識調査から―

天野麻穂, 川本思心 2017:「文理融合の障壁となる諸要因の探索」CoSTEP研修科年次報告書, 1(1), 1-4.

自己紹介

080328_1701 2015年度にCoSTEPを受講。もともとのバックグラウンドは、化学(生化学、糖鎖科学)ですが、研究者・教員時代は、いろいろな国籍の学生さんたちと一緒に、昆虫や鳥類の分子進化の解明から、血液1滴でがんを見つける診断装置の開発まで、いろいろな研究テーマに取り組みました。2年前から、北大でURA(リサーチ・アドミニストレーター)をしています。研修科では、異文化・異分野の研究者間のコミュニケーションについて掘り下げて、理論と実践で学びを深めてゆけたらと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

鈴木克治(2年目)

研究テーマ

中学校の理科教育におけるトランスサイエンス導入の方法と基準づくり

鈴木克治, 川本思心 2017: 「中学校の理科教育におけるトランスサイエンス導入の方法と基準づくり」CoSTEP研修科年次報告書, 1(2), 1-9.

自己紹介

m-006公立中学校で理科を教えています。私は、研修科で義務教育におけるトランスサイエンスの扱い方について考えてみたいと思っています。現在、科学技術は飛躍的に発展しています。しかし、技術の急速な変化に教育分野は対応できていません。生徒が実際に関わる可能性の高い生殖医療やエネルギー問題などは、教科書のコラム程度でしか扱われていないのが現状です。そこで、中学校理科の授業で、トランスサイエンスの問題をどのような内容・方法・基準で教えることができるかを調べ、生徒が実際に科学技術問題に直面した場合に自ら適切な行動がとれるような力を身につける理科教育を構築したいと考えています。

澤田真由美(1年目)

研究テーマ

公設試験研究機関における科学技術コミュニケーション

自己紹介

CoSTEP4期選科A修了。CoSTEPで学んでから約10年経過しました。4年前から公設試験研究機関で広報業務を担当していますが、業務をただこなすだけではなく、もっとより良い情報発信ができないだろうか?研究職の経験を活かせるような公設試験研究機関ならではの広報ってなんだろう?ということから、研修科で再び学ぶことにしました。いろいろ紆余曲折あって現在に至っていますが、人間万事塞翁が馬ということで、これからの10年のためにも、学びと経験を少しでも形にできるものにしたいと考えています。

千脇美香(1年目)

研究テーマ

農業分野における新たな科学技術導入まで

農業従事者の高齢化や労働者人口の減少を少しでも解決しようと、研究開発が進んでいる新技術に、ロボットトラクターがあります。しかし、本当にロボットトラクターが農業分野で活躍するには、解決しなければならない課題があります。その課題や実際の生産現場で使うために必要な要素・要因などを、エスノグラフィーという現場を理解するための方法論を用いて、様々な人へのインタビューから考察していくことを目的としています。

自己紹介

昨年度CoSTEPの授業で、エスノグラフィーという人の営みを内側から理解するための調査・研究方法に出会いました。この手法は、私の興味のある地域産業の発展経緯を考察するために有効な手段かと思います。また、人にインタビューをすること、特に未体験の科学技術の話を聞くとワクワクします。インタビューを文字にして多くの人へ届けること。これが私の科学技術コミュニケーションです。

山崎幸男(1年目)

研究テーマ

テキストマイニングを通じた現代科学の諸相–“役に立つ”概念をめぐる若干の考察

『“役に立つ”という言葉はとても社会をダメにしている』ノーベル医学・生理学賞を受賞した大隈教授の言葉です。“役に立つ”科学をめぐっては、昔から議論がありました。17世紀フランスでは、知識人たちが、王権の威光を高めるものとして学問の庇護を求めています。“役に立つ”科学に投資をせよ、というわけです。さて日本では、“役に立つ”科学への意識はどのように変化してきたのでしょう?研究費申請資料などを取り上げ、この問題を考えてみようと思っています。

自己紹介

2016年度CoSTEP12期を受講。大学では科学史・科学哲学を専攻していました。会社での勤務の傍ら、科学技術コミュニケーションについて更に研究を進めたいと思い、研修科の門を叩きました。今年は、多変量解析などのテキストマイニングを通じ、科学をとりまく“役に立つ”概念について考えてみたいと考えています。趣味は読書・音楽鑑賞、ジョギング、写真。

OB/OG

博士課程

武田増満(~2016)

映像を用いた科学史研究の検討

修士課程

小坂有史(2016)

サイエンスカフェ活動を行う上での主催者組織内におけるコミュニケーションのあり方~札幌と広島の事例調査から〜

小坂有史, 川本思心 2017: 「サイエンスカフェを担う人々が目指す方向性は同じなのか? : 広島大学サイエンスカフェを対象としたインタビュー調査から」CoSTEP Report, 3, 1-41.

研修科

杉田恵子(2015~2016)

医療分野におけるコミュニケーターの役割とは

杉田恵子, 川本思心 2017: 「トランスサイエンス問題における科学技術コミュニケーターの役割 : 高レベル放射性廃棄物の処分地問題を題材に」CoSTEP研修科年次報告書, 1(5), 1-14

中村佳代(2015~2016)

地球の気候システムを題材とした科学技術コミュニケーション活動

中村佳代, 川本思心 2017: 「雪と水の循環をテーマにした科学技術演劇の実践」CoSTEP研修科年次報告書, 1(3), 1-3.

村山一将(2016)

高校における科学技術コミュニケーション教育プログラムの開発