新しいモノとコトをつくる

新しいモノ・コトはどのように地域社会の中で変化しつつ、普及していくのでしょうか。そのためには科学技術コミュニケーションが必要ですが、科学技術コミュニケーション自体を、新しいコトと捉えることもできます。

よりよい科学技術コミュニケーションのためにはどのような仕組みが必要か? 新しい科学技術を支えるためにはどのような社会技術が必要か? 多様な立場の人々と協力しながら、フィールドにおいてそれらをつくりだす実践的な研究を行っています。

さらに、その基盤となる科学技術コミュニケーション教育研究にも取り組んでいます。